アルツハイマーに要注意|忘れ物が増えてきたら病院に行こう

夫婦

物忘れから始まる脳の病

男の人

最近になって治療薬が登場

アルツハイマーは、脳の密度が低下して物忘れや言動の異常などが発生する病のことです。完治することができない病と言われています。しかし、最近になって進行を遅らせる治療薬や予防策などが発表されています。アルツハイマーになってしまう明確な原因は分かっていませんが、ストレスが原因であるともいわれています。高齢の人から若い人までなる可能性があり、若い人(20代〜40代くらい)がなった場合は若年性アルツハイマー病といいます。アルツハイマーの患者数は減少しておらず、若年性の患者数は少し増加傾向にあるようです。早めに治療を始めることで余命も伸びるので、生活に支障が出るような物忘れがあったら早めに対策をしていくことをおすすめします。

予防にはDHAとGABA

アルツハイマーの治療薬として認められている薬はアリセプトだけです。この薬は日本で開発されましたが世界中のアルツハイマー治療に用いられています。しかし、予防なら栄養管理やサプリメントでも行えます。アルツハイマー予防に有効な成分には、青魚に豊富なDHAや神経伝達物質GABAなどがあります。DHAは記憶を司るシナプスなど脳にある神経をサポートする栄養素で、中性脂肪の改善にも効果があるといわれています。GABAは脳にある細胞の代謝に関係しており、研究の結果として脳の血流改善・睡眠障害・うつなどにも効果的と判明しています。DHAは青魚でGABAはチョコレート商品などから摂取が可能ですが、サプリメントの方が手軽に適切な量を摂取できるので取り入れる人が多いようです。

組み合わせが大切

ウーマン

貧血の原因は鉄分不足が大半ですが、鉄分の摂取には吸収率を上げる組み合わせを考えることが大切です。非ヘム鉄にビタミンCを組み合わせることが重要であり、タンニンのように鉄分の吸収を妨げるものは一緒に摂取しないようにしましょう。

詳細

体の冷えを改善しよう

足

冷え症は血行不良が主な原因で、入浴や運動が主な改善策ですが、のぼせないことや食生活も同時に整えるということに注意が必要です。冷え症対策のサプリメントや薬品は今後、多く販売されていくことが予想でき、医療機関の受診も選択肢として増えると考えられます。

詳細

ミツバチの健康

蜂蜜

プロポリスはミツバチがもとの成分で、殺菌力の高さが注目されています。健康と美容に良い成分として世間でもよく知られていますが、医療でもよく用いられます。いろんなかたちで商品化されていますが、人気があるのは原液です。クセがあるので飲み方に工夫すると、摂取しやすくなります。

詳細